ハーゲンダッツクリスピーサンド

コンビニでもスイーツ専門店超え

ブログランキング・にほんブログ村へ

ハーゲンダッツクリスピーサンドの価格は294円

これは高い!294円って300円ってことだよね。

でも、

スーパーなら200円が実売価格。

ハーゲンダッツクリスピーサンドの価格をおさえたいなら、スーパーで買おう!

例えば、

イトーヨーカドーのアイワイネットなどのネット通販

イトーヨーカドー

ライフ

このあたりではだいたい200円です。

 

 

ハーゲンダッツクリスピーサンドのカロリー

きになるカロリーです。

ハーゲンダッツクリスピーサンドのおいしい食べ方は最後に

ハーゲンダッツクリスピーサンドのカロリーです。

カロリーは249Kcal

炭水化物 21g(おおいよ)

たんぱく質 2.3g

脂質 17.3g

ナトリウム 100

カロリーはまだおさえられています。

実売価格は200円それなりの価格ですが、この凝った仕事を考えるとコスパは最高

ハーゲンダッツクリスピーサンドキャラメル味

ハーゲンダッツクリスピーサンドパンプキン味などという邪道がありましたが、

これは無視。

本当の定番商品こそが王道です。

クリスピーサンド『キャラメルクラシック』
クリスピーサンドの定番フレーバーとして愛されている「キャラメルクラシック」をさらにおいしくリニューアルしました。甘さと苦味のバランスが絶妙なキャラメルアイスクリームを、ビターでキレのあるキャラメルコーティングで包み込み、サクサクのウエハースでサンドしました。発酵バターを使用することで、コク深くなったキャラメルアイスクリームの濃厚な味わいを、ぜいたくな食感とともに楽しめます。

「クリスピーサンド『キャラメルクラシック』・『抹茶クリームあずき』・『エスプレッソ マキアート ~マスカルポーネ仕立て~』」2017年6月6日|ハーゲンダッツ ジャパン
ハーゲンダッツ(Häagen-Dazs)の「クリスピーサンド『キャラメルクラシック』・『抹茶クリームあずき』・『エスプレッソ マキアート ~マスカルポーネ仕立て~』」が発売になります!是非、アイスクリームのラインナップをチェックして、ハーゲンダッツの世界をお楽しみください。

原材料も

キャラメルチョコレートコーチング(植物油脂、乳糖、キャラメルパウダー、砂糖、ココアバター)、クリーム、脱脂濃縮乳、キャラメルソース、ウエハース、砂糖、ミルクコーチング(植物油脂、砂糖、全粉乳、乳糖)、卵黄、発酵バター、植物レシチン(大豆由来)、カラメル色素(ウエハース部分)、バニラ香料、(原材料の一部に小麦粉、卵白を含む)

ハーゲンダッツクリスピーサンドは小さくなった気が・・・。

ハーゲンダッツクリスピーサンドのサイズが小さくなった気がするのは気のせいか・・・。

ハーゲンダッツクリスピーサンドキャラメルクラシック味の嬉しいところ

まずは、

クリスピーと表層のキャラメルコーティングにアイスクリームのマリアージュを楽しむことができる。

クリスピーにより手がよごれにくい。

このクリスピーもおいしいから合格。

表層のキャラメルコーティングが甘くって絶妙な厚みがある。

クリスピーのうすさとこのキャラメルコーティングがすでにすごいバランス。

これに加えて、ハーゲンダッツのアイスクリームがぎっしり詰まった

ハーゲンダッツクリスピーサンドキャラメルクラシック味

これは素晴らしい。

世の中は、ハーゲンダッツ大容量時代へ

ハーゲンダッツが大容量購入できるといっても

結局同じ味ばかりを食べても面白くない。

これで2Lの大容量。

安くて効率がいいが全てではない。

おいしさとコストのバランスこそが大切。

 

ハーゲンダッツクリスピーサンドキャラメルクラシック味は休日こそ至福

休日にはハーゲンダッツクリスピーサンドキャラメルクラシック味を楽しもう。

おいしい休日にするためには、ハーゲンダッツクリスピーサンドキャラメルクラシック味を用意して

やっぱりコーヒー

スーパーで買える最高峰ドリップコーヒーはこれだ(1)[きくのIFC全体紹介編]
スーパーの冷凍コーナーにあるこのコーヒー これは、キクノのIFCコーヒー IFCとは、インターナショナルフレッシュコーヒーの略。 なぜ最高峰コーヒーなのか 作りたて(焙煎)したての豆は、部屋中に広がるいいにおいですね...
スーパーで買える最高峰ドリップコーヒーはこれだ(1)[きくのIFC全体紹介編]
スーパーの冷凍コーナーにあるこのコーヒー これは、キクノのIFCコーヒー IFCとは、インターナショナルフレッシュコーヒーの略。 なぜ最高峰コーヒーなのか 作りたて(焙煎)したての豆は、部屋中に広がるいいにおいですね...

甘さがおおきいぶん、スペシャルブレンドと合わせて食べるのが嬉しいかと思います。

この場合はコーヒーはブラックで、アイスの甘みを感じながら

冷たいとあたたかいを楽しむ

これも冬から春のアイスを食べる楽しみのひとつ!

コメント